「一学期を終えて」

七沢幼稚園長 仲 早百合

かわせみ
かわせみ
今年の梅雨は例年より早く明け夏の厳しい暑さが続いております。

今年も7月14日(土)に‘ファミリーフェスタ2018’が無事に終了しました。今年度は開始が午前中になり慌ただしい時間軸となりましたが、毎年大好評のバザー、お母さまたちの愛情のこもったかわいい手づくり品や飲食コーナー、ゲームコーナー、新しい企画で園旗のデザイン投票からの発表、パンの販売,恒例の児童の店、子どもの店など沢山の感動がいっぱいでした。

お伝えしたい事は多々ありますが、先ずは実行委員の皆様をはじめ、多くの方々のご協力のお陰で子どもたちと来場された全ての方々に楽しい思い出を作って頂いたと思い、この場を借りて感謝申し上げます。

また、ステージでは、園児の歌、児童の3、3、7拍子など暑さに負けず素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられました。おみこしも、児童の4基、園児4基が見事に並びました。おみこしの説明から宮出し,宮入と子どもたちのあふれる勢いが止まらない一瞬でした。私達保育者も子どもたちと一緒に達成感を味わった時でもありました。同時に一学期の終わりを感じています。

そして、いよいよ長い夏休みに入りますね。今の年齢しか出来ない時間をたくさん過ごして下さい。七沢幼稚園の子どもたち全員が夏休みに手に入れた「経験」と「自信」をあらたな力にして体いっぱいに蓄えてくれば、二学期の七沢幼稚園はきっと想像もつかない彩り豊かな時間で満ちていくと思います。先生たちもみんなに負けないように素晴らしい夏休みを過ごします。また二学期元気に会いましょう。